神経管閉鎖障害と葉酸の関係

妊娠初期の女性にとって葉酸は特に重要な栄養素といわれていますが、これは赤ちゃんが「神経管閉鎖障害」という先天性の異常を持って生まれてくるリスクを下げるためです。

神経管閉鎖障害とは、妊娠初期の胎児の時期に「神経管」という器官が正常につくられなくなることで赤ちゃんに先天性の重い障害が生じることをいいます。

お腹の赤ちゃんは小さな受精卵から細胞分裂を繰り返しながら成長を続け、最終的にヒトの形になっていきます。

妊娠初期の胎児はちょうど脳や脊髄などの中枢神経系の器官へと成長する「神経管」と呼ばれる管状の器官を形成している時期ですが、この時期にDNA合成や細胞分裂がスムーズに行かなくなると、神経管の一部が塞がったまま成長してしまいます。この結果、赤ちゃんに脳や脊髄に重い先天的な障害が生じてしまうのです。

神経管閉鎖障害とはどんな障害なのか?

神経管閉鎖障害によって赤ちゃんに発生する先天的な障害は、「無脳症」と「二分脊椎症」の2つが代表的です。

無脳症は妊娠初期の段階で神経管の上部が塞がってしまうことが原因で生じる障害で、脳がうまく成長せずに完全な脳がつくられなくなります。脳の成長には個人差がありますが、無脳症では脳の大部分が欠損した状態になる場合がほとんどです。

脳以外の臓器はそのまま成長し続けますが、脳は生命維持にとって重要なので胎児はやがて生命維持が困難となり、死産や流産となるのが一般的です。

一方、二分脊椎症は妊娠初期の段階で神経管の下部が塞がることが原因で起こる障害です。脳は正常に成長しますが、脳からの指令を各器官に伝達するとともに感覚器官からの刺激を脳に伝える脊椎(脊髄・脊柱)が正常につくられなくなることで、赤ちゃんは脊椎が分断された状態で生まれてきます。

脳が正常な場合が多いのでお腹の赤ちゃんは一応無事に誕生しますが、下半身の神経の機能不全による運動障害、膀胱や腸を動かす筋肉の麻痺による排尿障害・排便障害など、脊柱の分断によって日常生活に多大な負担となる重度な障害が生じることが多いようです。

妊娠初期に葉酸を摂取した方が良い理由

このように、神経管閉鎖障害はお腹の赤ちゃんに深刻な影響を及ぼすわけですが、近年の研究で妊娠初期に葉酸を十分に摂取することで発症するリスクを低減できることがわかってきました。

妊娠初期は赤ちゃんが細胞分裂を繰り返し、神経管を初めとした様々な器官をつくっています。神経管が塞がってしまうのはこの時期に何らかの原因でDNA合成に異常が生じ、正常なDNAを持った細胞がつくられなくなることが原因と考えられています。

これに対し、葉酸にはたんぱく質やDNA合成を助ける働きがあるので、妊娠初期に葉酸を十分に摂取することで細胞分裂をスムーズにし、神経管閉鎖障害のリスクを下げる効果が期待できるというわけです。

ちなみに、厚生労働省では妊娠初期にサプリメントで1日400μg以上を摂取することを推奨しています。葉酸は野菜などの食品にも含まれていますが、妊娠中は葉酸の消費が激しく、食事だけでは満足に摂れない場合が多いので、妊娠中や元気な子供を授かりたい女性はサプリメントを活用して確実に摂取しましょう。

About ninputecho