妊婦は葉酸以外にもこんな栄養素を積極的に摂るべき

妊娠中はお母さんが口にしたものが赤ちゃんの栄養になる時期です。日々どんどん細胞分裂を繰り返して生まれてくる準備を整えていく赤ちゃんは、体を作るためにいろんな栄養素を必要としています。

中でも赤ちゃんの奇形や流産を防ぎ、お母さんの健康や美容を維持する葉酸は有名ですよね。

他にも妊婦さんが補給したい栄養素はたくさんあります。気をつけて摂取したい栄養素をまとめてみました。

葉酸以外でも妊婦さんが摂取したい栄養素

葉酸のように細胞分裂を促す栄養素や、骨・脳・血液の材料など様々な栄養素が妊婦さんには重要になります。

亜鉛は細胞分裂を促す

亜鉛は細胞分裂を促し、赤ちゃんの体が出来上がるのを助けてくれます。亜鉛は牡蠣に多く含まれますが、食中毒の危険があるので妊娠中はよく火を通して食べましょう。生姜やカブも亜鉛を含んでいるのでオススメですね。

鉄・ビタミンB群で良い血液を作る

赤ちゃんがお腹にいるため、妊婦さんは一時的に血液が増える傾向にあります。酸素を運ぶヘモグロビンの材料になる鉄分が足りないと血が薄くなり、赤ちゃんに酸素がよく行き渡らなくなる心配があります。鉄分は積極的に摂取したいですね。

ビタミンB群もヘモグロビンの生成を促してくれるので、一緒に摂取しておきましょう。

鉄はカツオ・レバー・ヒジキなどに、ビタミンB群は納豆や卵などに含まれます。

骨を作るカルシウム・マグネシウム

骨の材料になるカルシウムは赤ちゃんの骨を作るのにもとても重要です。足りないとお母さんの骨からカルシウムを取り出して赤ちゃんに与えてしまうため、お母さんの骨粗しょう症にもつながり危険です。

さらにカルシウムの吸収を高めるため、マグネシウムも一緒に摂取するといいですね。

カルシウムは魚や牛乳など、おなじみの食材に多く含まれます。マグネシウムは納豆や豆腐などの大豆製品、ひじき、アーモンドなどを食べると摂取できます。

栄養素の吸収を助けるビタミンC

ビタミンCは葉酸・カルシウム・鉄分の吸収を高めてくれるサポート役として優秀な栄養素です。多くの野菜や果物に含まれる栄養素ですが、特にパプリカやパセリ、柑橘類や柿などに多く含まれます。

DHAで脳の可能性を伸ばす

脳細胞同士をつなぐシナプスという腕のような器官の材料になる脂肪酸がDHAです。多くのつながりを持ったシナプスを、運動したり考えたりの刺激を元にどんどん整理して効率化することで人間は脳を発達させていきます。

赤ちゃんのうちにDHAを摂取してシナプスを増やしておくことは、脳の可能性を伸ばす事にも繋がります。さらにDHAは記憶を司る脳の海馬の材料でもあるので、その点でも脳の発達に大切な栄養素と言えますね。

DHAは新鮮な生魚に含まれますが、摂取するのが難しいのでサプリメントを利用したほうがいい栄養素です。

悪阻に強く便利なサプリメントで栄養補給してもOK

これだけ多くの栄養素を考えて献立を作るのはなかなか大変ですよね。しかも妊娠中は体調も不安定で悪阻のひどい人もいるでしょう。そんな中で心強いのがサプリメントです。

たとえ悪阻でご飯が食べたくなくても、お水で錠剤を飲み込めば栄養を摂取することができます。

妊婦さん用に調合されたサプリメントなら、葉酸・鉄やカルシウムのようなミネラル・ビタミン類まで網羅されているので考えなくてもバランス良く必要な栄養が整います。

頑張って食事で摂取してもいいですが、無理せずサプリメントに頼る方法も覚えておいて損はないですね。

About ninputecho