婦人科でも葉酸摂取を推進している

産婦人科でも葉酸の摂取を推奨している

妊娠によって、女性の体には大きな変化が起こります。自分の体調を整えていく必要があるとともに、胎児のために必要な栄養素というのをきちんととっていく必要があります。

たとえば、鉄分とかカルシウムは貧血にならないようにとか、赤ちゃんに栄養素を撮られることになるのでカルシウムはしっかりとったほうがいいというのは誰でもよく知ることですが、じつはそれにプラスして必要な栄養素があります。それが葉酸です。

特に妊娠初期は積極的に葉酸を摂取したほうが良いと言われる理由

なぜ葉酸が必要かというと、妊娠初期に葉酸が不足してしまうことによって胎児の神経系統に障害がでる可能性があるというのです。ですから、妊娠初期には不足にならないように注意していく必要があります。

葉酸や鉄分、カルシウムなど不足しないように注意したい栄養素というのはいろいろありますが、すべてを食事でバランスよくとっていくというのはかなり大変なことです。

とくに忙しい現代人にとって毎日いろいろな品目に注意をして食事に注意をしていくのは困難なことで、それだけで、ストレスになりがちです。そんなときは栄養素をサプリメントで摂取するというのも1つの方法です。

その場合、値段が安いということだけとびついてしまうのは、やめたほうがいいでしょう。サプリメントは日本製であるかということと、含有量に注意をして摂取していったほうがいいのです。

葉酸サプリに関する参考情報「葉酸サプリ完全ガイド|赤ちゃん先生おすすめの葉酸サプリ

ただ、いくら葉酸が体にいいからといっても摂り方は注意が必要です。特に妊娠中というのは、母親の体にいろいろな変化が起こるものです。

血圧の変動もおこりますし、血糖値などの変化もおこりますし、いくらよい栄養素だからといっても過剰摂取によって体調が悪くなることあります。

ですから、葉酸やほかの鉄分などについても婦人科の医師にきちんと説明をしてから摂取していく必要があるのです。

葉酸は妊娠初期はもちろん妊活中から摂取したほうがいい

婦人科でも摂取は推進しています。ただ、不足することで起こる問題点もありますが、過剰摂取によっても悪影響が起こるのでしっかりと注意が必要です。

また、そのようなサプリメントですが、妊娠してから慌てて取っていくというよりも妊娠するまえからしっかりと取っておくほうが、メリットがたくさんあります。

その一つに、妊娠しやすい身体づくりという点があげられます。

たとえば、若い女性に多いですが、むやみにダイエットをしてしまってその結果体調を崩してしまったり、栄養不足になったりする傾向もあります。

また、冷え性になって体の代謝力が弱いという人も実は多いです。

そのような女性は生理が乱れていたり、免疫力が低かったりなどする場合があります。そういう女性がいざ妊娠したいと思ってもすぐには妊娠できないこともありますから、早めに栄養のバランスを整える努力をしていったり、婦人科にいって自分の子宮や卵巣などの状態をみていくということも必要になっているのです。

婦人科というのはなかなか行きにくい場所ですが、将来妊娠したいと願うのでしたら、その前から自分の体に気を配る意味でも一度は行っておいたほうが良いでしょう。

葉酸欠乏症貧血とは

貧血は女性に多い症状ですが、その中でも葉酸欠乏症貧血というのは悪性の貧血だとされています。

葉酸というのは妊娠している女性や妊娠を希望する女性にとって不可欠な栄養素とされていますが、これが不足することで様々な症状を抱えてしまうことがあるのです。

まず、体内の葉酸が不足すると葉酸欠乏症になることで貧血が起こります。

貧血といえば鉄分不足によって起こるものとされていますが、これは体内の葉酸が不足することで体内に流れる赤血球の大きさが通常のサイズよりも大きくなり、もともとの役割である酸素の体内に送り出すという役割を行えなくなることで酸欠不足となりめまいや立ちくらみ、息切れなどの症状を起こすことで子の症状は巨赤芽球性貧血とも呼ばれています。

葉酸は体内の粘膜を作りだしたり細胞の生成にも重要な役割を担っているので不足してしまうと口内炎や胃潰瘍などができやすくなるとされています。

葉酸欠乏症のリスクを軽んじてはいけない

また、妊娠時に葉酸欠乏症になってしまうと、胎児の細胞分裂が正常に行われなくなり先天性錠のリスクが高まるとされていますの注意が必要といえます。

特に、毎年妊娠をしている生活を送っていると葉酸の需要が拡大し、葉酸欠乏が起きることも考えられます。

葉酸欠乏症が起こる原因としては偏った食生活による葉酸不足やアルコールの多量摂取、血液透析などが理由として考えられますが、貧血の自覚症状が軽いからといってそのまま放置しておくと後で思わぬ重篤な状態に気づかなかったり動脈硬化の発生リスクが高くなるなどの危険性もあるとされています。

アルコールは、葉酸の吸収を悪くする作用があるので日常的に晩酌やお酒を多量に飲む機会がある人は葉酸不足になりやすいといえます。

葉酸欠乏症貧血は、葉酸が不足することでも起こりますが、ビタミンB12が不足して起こることもあります。

ビタミンB12というのは、通常は肝臓に蓄えられておりその量は5mgとされており、人間が一日に必要なビタミンB12の量というのは1μgです。

これが、病気などによって肝臓を切除してしまうとおよそ13年ほどでビタミンB12の蓄えがなくなってしまうことが考えられますが、実はもっと早い5年くらいで枯渇してしまい悪性貧血の症状が出ることがありますので、肝臓の一部を切除した場合には常日頃から医療機関で検査を受けておくのが良いとされています。

葉酸もビタミンB12も、神経細胞に深く関わっている栄養素であるため、どちらも不足することで脳の神経細胞の正常に働かせることができなくなるために認知症を発症するといわれています。

ただ、葉酸不足になると認知症になるというわけではなくほかの理由によって認知症になる人もいます。けれども、葉酸の摂取が認知症の発症リスクを遠ざけることは確かですので積極的に摂取していきたい栄養素といえます。

葉酸欠乏症貧血も、軽度な状態であれば葉酸の経口投与と食事の見直しで改善することも十分に考えられますので、異変を感じたり不足していると思ったらそのまま放っておかずに検査を受けたり治療を受けて改善していくことが望ましいといえます。

神経管閉鎖障害と葉酸の関係

妊娠初期の女性にとって葉酸は特に重要な栄養素といわれていますが、これは赤ちゃんが「神経管閉鎖障害」という先天性の異常を持って生まれてくるリスクを下げるためです。

神経管閉鎖障害とは、妊娠初期の胎児の時期に「神経管」という器官が正常につくられなくなることで赤ちゃんに先天性の重い障害が生じることをいいます。

お腹の赤ちゃんは小さな受精卵から細胞分裂を繰り返しながら成長を続け、最終的にヒトの形になっていきます。

妊娠初期の胎児はちょうど脳や脊髄などの中枢神経系の器官へと成長する「神経管」と呼ばれる管状の器官を形成している時期ですが、この時期にDNA合成や細胞分裂がスムーズに行かなくなると、神経管の一部が塞がったまま成長してしまいます。この結果、赤ちゃんに脳や脊髄に重い先天的な障害が生じてしまうのです。

神経管閉鎖障害とはどんな障害なのか?

神経管閉鎖障害によって赤ちゃんに発生する先天的な障害は、「無脳症」と「二分脊椎症」の2つが代表的です。

無脳症は妊娠初期の段階で神経管の上部が塞がってしまうことが原因で生じる障害で、脳がうまく成長せずに完全な脳がつくられなくなります。脳の成長には個人差がありますが、無脳症では脳の大部分が欠損した状態になる場合がほとんどです。

脳以外の臓器はそのまま成長し続けますが、脳は生命維持にとって重要なので胎児はやがて生命維持が困難となり、死産や流産となるのが一般的です。

一方、二分脊椎症は妊娠初期の段階で神経管の下部が塞がることが原因で起こる障害です。脳は正常に成長しますが、脳からの指令を各器官に伝達するとともに感覚器官からの刺激を脳に伝える脊椎(脊髄・脊柱)が正常につくられなくなることで、赤ちゃんは脊椎が分断された状態で生まれてきます。

脳が正常な場合が多いのでお腹の赤ちゃんは一応無事に誕生しますが、下半身の神経の機能不全による運動障害、膀胱や腸を動かす筋肉の麻痺による排尿障害・排便障害など、脊柱の分断によって日常生活に多大な負担となる重度な障害が生じることが多いようです。

妊娠初期に葉酸を摂取した方が良い理由

このように、神経管閉鎖障害はお腹の赤ちゃんに深刻な影響を及ぼすわけですが、近年の研究で妊娠初期に葉酸を十分に摂取することで発症するリスクを低減できることがわかってきました。

妊娠初期は赤ちゃんが細胞分裂を繰り返し、神経管を初めとした様々な器官をつくっています。神経管が塞がってしまうのはこの時期に何らかの原因でDNA合成に異常が生じ、正常なDNAを持った細胞がつくられなくなることが原因と考えられています。

これに対し、葉酸にはたんぱく質やDNA合成を助ける働きがあるので、妊娠初期に葉酸を十分に摂取することで細胞分裂をスムーズにし、神経管閉鎖障害のリスクを下げる効果が期待できるというわけです。

ちなみに、厚生労働省では妊娠初期にサプリメントで1日400μg以上を摂取することを推奨しています。葉酸は野菜などの食品にも含まれていますが、妊娠中は葉酸の消費が激しく、食事だけでは満足に摂れない場合が多いので、妊娠中や元気な子供を授かりたい女性はサプリメントを活用して確実に摂取しましょう。